【コントが始まる】第1話のあらすじ・ネタバレ感想まとめ!マクベス結成と解散・水がメロンソーダーに変わった謎とは?

アイキャッチ コントが始まる

2021年4月17日に放送されたドラマ『コントが始まる』第1話のあらすじと感想をまとめました。

同じ年齢で演技が上手な菅田将暉さん、仲野太賀さん、神木隆之介さん、有村架純さんが共演するということで私も楽しみに第1話を見ました。

コントから始まり、コントのオチで終わる。

構成がとても面白いし、色々なところに伏線が張り巡らされていて伏線回収も楽しいドラマだなと思いました。

この記事では、ドラマ『コントが始まる』第1話のあらすじ、ネタバレや感想を紹介します。

注意:この記事にはネタバレを含みますので注意して下さいね。

『コントが始まる』第1話の本編を見たい方はこちら!
2週間無料で見放題!!

【コントが始まる】第1話のあらすじとネタバレ

マクベスの3人と里穂子の出会い

第1話のコントは、ラーメン屋の店員が水に関係するものに触るとなぜかメロンソーダーになってしまうというもの。

マクベスの3人のメンバー高岩春斗(菅田将暉)、美濃輪潤平(仲野太賀)、朝吹瞬太(神木隆之介)の「水のトラブル」というコントの動画を、中浜里穂子(有村架純)が見ている。

実は、里穂子はマクベスがネタ作りのため訪れたファミレス(メイクシラーズ)の店員なのだ。

ファミレスがオープンした3日後の三日月の日に4人は出会った。

【コントが始まる】メイクシラーズ(ファミレス)のロケ地はどこ?店名の由来は?

1年半前に勤めていた大企業を退職した里穂子はマクベスを応援することが生きがいになっていた。

マクベスが初めてメイクシラーズに訪れた時はまだマクベスの存在を里穂子は知らなかったが、メイクシラーズの常連になったマクベスの3人になぜか興味を持ち、色々調べていくうちにマクベスの熱狂的なファンになったのだ。

マクベス突然の解散宣言

里穂子が初めて訪れたマクベスの単独ライブだったのだが、突然の解散宣言に戸惑う里穂子だった。

マクベスの突然の解散宣言に呆然としながら里穂子が歩いていると、偶然春斗に出会った。

マクベスが解散する理由、それは10年前にした『約束』によるものだった。

高校の文化祭がマクベスの始まり

高校3年の頃、文化祭で「コントをやろう!」と同じクラスの潤平が春斗を誘った。
春斗はコントの脚本を書いて欲しいと潤平から頼まれたのだった。

潤平の頼みを聞き入れた春斗。
文化祭当日初めてのコントにお客さんの入りは閑散としたものであった。

その理由は、ぷよぷよの全国大会で優勝した同じクラスの瞬太に生徒の注目が行ってしまったからだ。

文化祭が終わり、春斗、潤平、瞬太の3人はたまり場である「ポンペイ」というラーメン屋で食事をしている。

【コントが始まる】の中華料理屋『ポンペイ』の場所(ロケ地)はどこ?店名の由来は?

瞬太は大学への進学はせず、プロゲーマーの道へと進もうとしていた。

春斗は、文化祭のコントをきっかけに潤平と2人で芸人としてコントをすることを提案する。

こうしてマクベスはラーメン屋で結成されたのだった。

マクベスに瞬太が加入!

マクベス結成から5年たったが、売れない芸人のままであった。

そんな時、プロゲーマーとしての道に進んだ瞬太もプロゲーマーとしての道をに限界を感じていた。

春斗がそんな瞬太をマクベスに誘い、マクベスはコンピからトリオとなったのだった。

しかし、すぐにマクベスが売れることはなかった・・・。

春斗と里穂子との初めての出会い

里穂子は、アルバイトをしているファミレスで初めて春斗と出会ったのだと思っていたのだが、実は里穂子がファミレスでアルバイトをする半年前に、会社を辞め、公園のベンチで酔いつぶれている里穂子に声をかけたのが春斗であった。

マクベスに瞬太が加わりトリオになった1年半後のことだった・・・。

酔いつぶれていた里穂子にペットボトルに入ったミネラルウォーターを渡して2人は別れたが、翌日里穂子がいたベンチに行くと、なぜかミネラルウォーターがメロンソーダーへと変わっていたのだった。

マクベス解散宣言の理由

マクベスを結成する時、春斗は、親に『10年経って売れていなかったら解散する』という約束をしていたのだが、10年経っても売れず、親との約束を守るため単独ライブで解散宣言をしたのだった。

しかし、このまま本当に解散してしまうのか、それともまだ夢を追うのか潤平とケンカになってしまった春斗。

2人のケンカをそばで見ていた瞬太、「次のネタ見せで受けなかったら解散しよう」と提案をするが・・・。

その結果は散々であった。

暗い雰囲気が流れるマクベスに「ラーメンを食べに行こう!」と瞬太が提案し、瞬太が運転する車でマクベスの3人は福岡のラーメン屋に向かった。

ラーメンを食べ終えた3人、口を開いた春斗は、2人にマクベスの解散を告げる。

マクベスを結成する時も解散する時も偶然ラーメンを食べ終わった後だった・・・。

春斗は大事なことを言うときは、偶然ラーメンを食べた後なのだ。

ミネラルウォーターがメロンソーダへと変わった理由

マクベスが舞台で解散宣言をしたのは、福岡のラーメン屋で食事をした翌日の舞台の事だったのだ。

マクベスの解散宣言を受けて呆然としていた里穂子に、春斗は里穂子と公園で初めて会った日のことを話す。

里穂子に渡したペットボトルの水がメロンソーダーに変わった理由、それは駄菓子のメロンソーダーの粉をペットボトル入れたことが原因であったのだ。

実は、水のトラブルのコントは、ペットボトルの水がメロンソーダーに変化していたことをヒントに作られたというのを春斗は里穂子に告白した。

すると、里穂子は自分が好きになったものがよく無くなってしまうので、「自分は疫病神」だと話す。
春斗もまた、潤平と瞬太をマクベスに誘ったことが2人の人生を狂わせたと自分を責める。

そんは里穂子は、会社を辞めて自暴自棄になっていた時にマクベスと出会い人生が明るくなったということを話した。

マクベスの熱狂的なファンがいたいうことを知った感動と、潤平と瞬太に申し訳ない気持ちで号泣する春斗であった。

コント『水のトラブル』のオチ

水のトラブルスリーセブンの湯川は、修理を依頼したラーメン屋でラーメンを黙々と食べ、最後にこう言った。

「私、大事なことはラーメンを食べた後に言うことにしているので」

『コントが始まる』第1話の本編を見たい方はこちら!
2週間無料で見放題!!

【コントが始まる】第1話の感想

『コントが始まる』第1話の本編を見たい方はこちら!
2週間無料で見放題!!

 

タイトルとURLをコピーしました