【コントが始まる】第2話のあらすじ・ネタバレと感想まとめ!コントのアドリブに注目!

コントが始まる 第2話のあらすじ ネタバレ感想まとめ!のアイキャッチ コントが始まる

2021年4月24日に放送されたドラマ『コントが始まる』第2話のあらすじと感想をまとめました。

第2話のタイトルは『屋上』文化祭のコントでもやっていた屋上のネタ。

潤平が春斗に秘密にしていたことが春斗にばれて2人が大ケンカしたり、潤平が春斗の「コントをやらないか?」という誘いに乗った理由が明らかにされた会でした。

私は第1話からリアルタイムで見ているのですが、第1話と同じシーンもあるけれど、第1話とは違った視点で描かれていたのが面白いなと思いましたね。

この記事では、ドラマ『コントが始まる』第2話のあらすじ、ネタバレや感想を紹介します。

注意:この記事にはネタバレを含みますので注意して下さいね。

『コントが始まる』第2話の本編を見たい方はこちら!
2週間無料で見放題!!

【コントが始まる】第2話のあらすじとネタバレ

第2話のタイトルは『屋上』

潤平「春斗には一つだけ秘密にしていることがある……」
瞬太「プロゲーマーだった頃はよくインタビューで『27歳までに死ぬ』と答えていた……」
コント『屋上』。舞台が明転すると、自宅の屋上テラスで和む中年夫婦と隣のビルで思い詰めた表情をする若者が現れる。その3人による取り留めのないコントの「前フリ」が流れ―――。

コントトリオ「マクベス」解散を決めた春斗(菅田将暉)は、事務所のマネージャー楠木から呼び出され、解散を考え直すように詰め寄られる。一方マクベスの一人である潤平(仲野太賀)は10年間交際を続ける恋人の奈津美に、ついに解散することを決意したと告げる。そんな中、潤平は春斗と芸人を志した日々を振り返り、春斗に一つだけ『秘密』にしていることがあると思い返す……。

その頃もう一人のマクベスである瞬太(神木隆之介)はなぜか春斗や潤平と共に通った母校の屋上に佇んでいた。そこは春斗との思い出の場所でもあった。何も知らない春斗だったが、里穂子(有村架純)から気になることがあると話を切り出されると、里穂子が働くファミレスで瞬太が「遺書」を書いていたのだという。それは「屋上」というコントの小道具として書いていただけだと説明する春斗だったが、何やらいつもと状況は違うようで……。

「解散」を宣言することで動き出したトリオ芸人。彼らと巡り会うことで動き出した姉妹。暗闇の中を歩いているかのように見える5人の若者たち。……だが1時間後、彼らを見ていただいた人はなぜか彼らを「美しい」と感じてしまう。そんなまさかの結末を迎える第2話。是非ご覧ください。

引用:コントが始まる公式サイト

『コントが始まる』第2話の本編を見たい方はこちら!
2週間無料で見放題!!

【コントが始まる】第2話の感想

第2話は、マクベス結成の裏話、屋上のコントの最後のアドリブ部分がとても印象的な回だと個人的に感じました。

色々な伏線が散りばめされていて、今回も伏線回収が楽しい回でした。

あと、里穂子のマクベス愛がヤバかったですね。

Twitterからも第2話の感想を紹介します。

 

『コントが始まる』第2話の本編を見たい方はこちら!
2週間無料で見放題!!

 

タイトルとURLをコピーしました