【コントが始まる】第5話のあらすじ・ネタバレ感想まとめ!努力の先にあるものとは?

コントが始まる 第5話のあらすじ ネタバレ感想まとめ! コントが始まる

2021年5月15日に放送されたドラマ『コントが始まる』第5話のあらすじと感想をまとめました。

第5話のタイトルは『カラオケボックス』。

『延長』というのが第5話のキーワードとなっているのですが、マクベスの解散を辞めてマクベスを延長という話の展開になるのかと思いきや、そうではない展開。

5人それぞれが現状を維持するという『延長』を続けていたが、20代後半になって『変化』していかないとならない時期となってきた。

第1話~第4話までは里穂子、マクベスの3人のそれぞれの視点で描かれた物語でしたが、第5話は人生の岐路に立たされたマクベスの3人、中浜姉妹の物語でした。

私はドラマ『コントが始まる』の第5話をリアルタイムで見たのですが、今回はシリアスな展開が多くて心がズキズキ痛みました。

この記事では、ドラマ『コントが始まる』第5話のあらすじ、ネタバレや感想を紹介します。

注意:この記事にはネタバレを含みますので注意して下さいね。

『コントが始まる』第5話の本編を見たい方はこちら!
2週間無料で見放題!!

【コントが始まる】第5話のあらすじとネタバレ

つむぎ「努力してなんにも結果が出なかったときのことばかり想像して、一歩も動けなくなった……」
瞬太「ボクが「マクベス」に入れて貰ってからの5年間は、楽しい思い出ばかりだった……」
コント『カラオケボックス』。ステージに現れる中年カップル役の瞬太(神木隆之介)と潤平(仲野太賀)。そして、カラオケ店員役の春斗(菅田将暉)。制限時間を告げる店員の前で、中年カップルは『延長』をめぐって揉めだして……。マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まる―――。

里穂子(有村架純)と共に生活をし始めてから1年半の月日が流れたつむぎ(古川琴音)。今流れる時間に不満はなくとも、このまま姉の家に居座り、横で世話をし続ける日々に疑問を感じ始める。しかし、変えなくてはいけない現状を理解しつつも、何かの一歩を踏み出すことに恐怖に似た感情を持つつむぎ。―――その横には無邪気な顔で夢を追いかけ続けるように見える瞬太が居た。

一方の瞬太は自身がプロゲーマーを引退し、春斗や潤平と共にマクベスとして活動を始めてからの煌めくような日々を思い返していた。だが、少しずつ今の自分たちの姿はその時から「変化」を持ち始めていることにはずっと気付いていて……。

20代後半。それは一つの決断の瞬間でもある。様々な現実と夢との境界線。「変わる」ということには勇気とそして恐怖が伴うことは分かっている。マクベスと中浜姉妹、それぞれの現状を維持すべく「延長」を続けた果てにこの日下す決断とは!?5人の生き様が大きくうごめき始める始める必見の第5話。一度でも夢を目指したことのある人、夢を抱いたことのある人、そして誰かと大切な時間を過ごした経験のある全ての人に突き刺さる、共感の物語が今始まる。

引用:コントが始まる公式サイト

『コントが始まる』第5話の本編を見たい方はこちら!
2週間無料で見放題!!

【コントが始まる】第5話の感想

『コントが始まる』第5話の本編を見たい方はこちら!

第5話は、春斗の同級生への妬み、一般人から潤平が受けた心無い言葉、努力は報われるのか?マクベスの10年間は無駄だったのか?などとても暗めの内容だったなと思いました。

里穂子が言っていた『努力がすぐに報われなくても遅れて報われることもある』というのが凄く刺さりましたね。

どんな経験でも決して無駄じゃない!人生の糧になってるんだ!ってなんか前向きな気持ちになりました。

2週間無料で見放題!!

 

タイトルとURLをコピーしました