恋です!時計台がある公園のロケ地はどこ?第1話の感想も紹介!

2021年10月6日(水)からスタートしたドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』。杉咲花さん演じる弱視の主人公の、赤座ユキコと、杉野遥亮さん演じる、顔に傷があるヤンキー、黒川森生の恋の物語。

第1話の冒頭、赤座ユキコと黒川森生が始めて出会うシーン。

赤座ユキコが通う盲学校への通学路なので何回も登場したシーンだったし、黒い時計台がある公園のロケ地がどこなのか気になります。

この記事では、ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』の時計台がある公園のロケ地はどこなのか調査しました。

第1話のマリーゴールドの公園のロケ地についてはこちらの記事にまとめました。

恋です!時計台がある公園のロケ地はどこ?第1話の感想も紹介!

恋です!時計台がある公園のロケ地はどこ?

2021年10月6日(水)からスタートしたドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』。第1話の冒頭、赤座ユキコと黒川森生が初めて出会うシーンが印象的でしたね。

黒い時計台がある公園のような場所。

黒い時計台がある公園のような場所のロケ地は、『海浜幕張』

千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目113番 メッセモールの北側

Twitterで調査したところ、ロケ地が『海浜幕張』ではないかという口コミが多かったです。

ベンチがあるので、公園かと思ったら、歩道橋近くの遊歩道のような場所で撮影していたんですね。

ユキコの通学路なので、毎回登場するかもしれないですね。

恋です!第1話の感想

私も第1話を見ました。

ヤンキーと弱視の人が恋をするという組み合わせが意外だなと思ったのですが、『世間的に偏見の目がある』と言うところに共通点があるんだなと後半になって気付きました。

弱視の人どのように見てていて、どのように生活をしているのか、どんなことが困るのか、そういうところまでドラマの中で自然に解説がされていて、勉強になるなと感じました。

Twitterでの感想も紹介します。

 

まとめ

ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール』の時計台がある公園のロケ地の場所と、第1話の感想を紹介しました。

時計台がある公園のロケ地は、千葉県にある『海浜幕張』です。

第2話も楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました