ナイトドクター第2話あらすじ・ネタバレ感想まとめ!侮れないコンビニ受診と『普通』って何?

ナイトドクター 第2話のあらすじ ネタバレ 感想まとめ!のアイキャッチ ナイトドクター

2021年6月21日に第1話が放送されたドラマ『ナイトドクター』。

夜の病院で働く若き5人の医師の物語。

第2話が6月28日に放送されました。

『コンビニ受診』と『普通って何?』というのがテーマとなっていました。

この記事では、ドラマ『ナイトドクター』第2話のあらすじと感想をまとめました。

ナイトドクター第2話のあらすじ

以下、ネタバレを含むので、注意して下さい。

朝倉美月(波瑠)は佐野大輔(戸塚純貴)の浮気現場を目撃。いつもと違う美月の様子は、深澤新(岸優太)たちに見抜かれ、成瀬暁人(田中圭)には職場に私情を持ち込むなと言われてしまう。そんな夜、深澤と高岡幸保(岡崎紗絵)は本郷亨(沢村一樹)にウォークイン当番を命じられた。ナイト・ドクターは重症患者だけでなく、昼の診察に行けない外来患者も診る。だが、緊急性のない患者の多さに深澤たちは辟易。

美月もウォークインに入ると、帽子をかぶった男が来る。男が帽子をとると美月の父、哲郎(佐戸井けん太)だった。軽症者が気軽に来るなと父を叱る美月の声は隣の診察室にも届く。そこでは、深澤が鮎川希実(谷村美月)の子供、玲生を診察中。美月の声を聞いた希実は、そそくさと帰ってしまった。哲郎に声をかけた桜庭瞬(北村匠海)は父娘事情を知る。哲郎の妻が13年前に亡くなったと知った桜庭は…。一方、美月は舌を噛んだ斎藤篤男(赤ペン瀧川)を治療。

美月が心配な哲郎は寮に押しかけ、深澤の部屋に居候してしまった。そんな時、希実が再び玲生を連れて来た。深澤は玲生に異常を感じるが、この日のウォークインは美月。美月が玲生を診察していると斎藤が救急搬送されたと連絡が入り、そちらへ向かう。斎藤の治療を終え、抱いた不審点を話す美月に、深澤は玲生に黄疸が出ていなかったかと聞く。本郷から診察時の様子を思い出すよう言われた美月は希実の気になる仕草を思い出した。その頃、希実は玲生の診療について、夫の聡(笠原秀幸)ともめていて…。

引用:ナイトドクター公式

 

夜働くナイトドクターという仕事は普通じゃないの?

第1話の最後に、朝倉美月(波瑠)は佐野大輔(戸塚純貴)の浮気現場を目撃してしまう。

胸を刃物で刺されて運ばれて来た患者の対応をしている美月。
患者は、奥さんに浮気がばれて刺されてしまったようだ。

『浮気』というキーワードで大輔の浮気現場を思い出した美月。

いつもと違う美月の様子は、深澤新(岸優太)たちに見抜かれ
成瀬暁人(田中圭)に
「職場に私情を持ち込むな」と注意をされてしまう。

「こんな仕事をしていてまともに恋愛できるわけがないだろう。
普通の人と生活リズムが違うんだから、すれ違いが生まれる。
四六時中、患者のことしか考えてないやつと付き合えると思うのか?」

と成瀬は美月に言い放つ。

コンビニ受診の患者たち

その夜、深澤と高岡幸保(岡崎紗絵)は本郷亨(沢村一樹)にウォークイン(外来)当番を命じられた。

ナイトドクターは、重症患者以外に、昼の診療に行けない外来患者を診るという仕事もあるのだ。

しかし、ちょっとお腹が痛いというだけで救急車で運ばれて来る子供や、
足を捻った、ちょっとした熱という緊急性が少ない症状で受診する患者が多いことに辟易していた。

美月も外来患者の対応を行うことに。

そこに足を捻ったという症状で男性が受診しに来た。

その男性は実は、美月の父、哲郎(佐戸井けん太)だった。

夜の病院にちょっと足をくじいただけで来るな!と父を叱る美月の声は
隣で深澤が対応をしていた、鮎川希実(谷村美月)の耳に届いた。

鮎川は息子(玲生)の発熱で受診に来ていた。
昼間は仕事で病院に玲生を連れて行けないため、夜の外来を受診したのだった。

美月の「軽症者が気軽に来るところではない」という言葉を聞いた鮎川は
そそくさと診察室を後にするのだった。

夜の仕事をしている美月を心配する父、哲郎

哲郎に声をかけた桜庭瞬(北村匠海)は、哲郎の事情を知る。
哲郎は、美月がナイトドクターという夜の仕事をしていることに反対していた。

哲郎は美月に対し、昼間の仕事をして普通に幸せになって欲しいという願いがあるのだ。

哲郎は美月に『普通』の病院(昼間の仕事)で働いて欲しいと希望していた。
美月は『普通の幸せってなに?』という疑問をもつ

美月の母が13年前に亡くなっているということを知る。

その頃、美月は、斎藤という舌を噛んだという患者の対応をしていた。

大輔との別れ

家に帰った美月は、自宅前で大輔と出会う。
浮気をしたことを大輔は美月に誤ったが、
浮気をしてしまった原因は、『普通のカップルみたいにデートができなかったら』
だと言う。

デート中でも患者のことを一番に考えてしまう美月に大輔は
別れを告げるのであった。

深澤と美月お互いの事情を知る

美月の家を訪れた哲郎だったが、
美月に家に入れて貰えず、深澤の家でお世話になることに・・・。

哲郎は、美月の母が倒れた時に仕事で家にいれず
そのまま母を失ってしまっていた。

美月が母を亡くす前は学校の先生になりたがっていたが、
母の死をきっかけに、ナイトドクターという仕事を選ぶことに。

哲郎は、自分のせいで美月の人生を狂わせたと思っている。

父との距離を置いている美月に対し
早くに両親を亡くしてる深澤は、
「父親が心配してくれるのは幸せなことだ」という。

美月は、院長先生から話を聞き、深澤の家庭の事情を知るのだった。

玲生の急変

深澤は、再び玲生が発熱したとうことで夜の病院に来た鮎川と出会った。
玲生の異変に気付いた深澤だったが、美月の診察が始まるため
診断をすることができずにいた。

美月は、玲生の異変に気付くことができず、
ただの風邪という診断をしてしまう。

玲生の便の色がおかしいことに気づいた鮎川だったが
また、ちょっとした症状で夜の病院に玲生を連れて来てしまったという
居心地の悪さから、異変を伝えずに病院を後にしてしまうのだった。

鮎川の対応中、以前舌を噛んで受診した斎藤が今度は舌を自分で嚙み切ったということで
運ばれてきてバタバタする美月。

斎藤の噛み跡に違和感を抱える美月だったが、
深澤から玲生の顔色の異変を伝えられる。

玲生の便の色の異変から重大な疾患による発熱だと悟った美月は
鮎川に連絡をするのだったが、繋がらなかった。

一方、自宅に帰った鮎川は、
夫の聡(笠原秀幸)に夜に病院を受診することについてもめてしまう。

聡は仕事で忙しい鮎川は母親として非常識だと感じていた。

玲生の状態が急変し、救急車で運ばれてきた。

発熱の原因は「先天性胆管拡張症」という疾患で
緊急手術が行われる。

1歳児の手術は小児科医に任せるという常識はあるが、

夜の病院では対応できる小児科医がいない。

「常識は俺たちで決める」という本郷の言葉に
ハッとする美月。

診断を誤り玲生を危険な目にさらしてしまったことに
責任を感じた美月は、手術台に立つことを志願する。

間一髪のところで無事一命を取り留めた玲生。

一見、コンビニ受診のように感じていても
今回のように重大な病気が隠されている可能性がある。

しっかりと患者の症状を見て間違った診断をしないように
気持ちを改めるナイトドクターのメンバーたちであった。

『普通』は自分たちで決める

誤診をしてしまった美月は、鮎川に謝罪をしに行く。

小さい子供がいて夜遅くまで仕事をする鮎川にとって
良く熱を出して保育園から呼び出される玲生を「めんどくさい」と感じていた。

軽い症状で夜の病院を受診することが非常識に思われることを懸念していた。

そんな鮎川に「普通って何なんだろう?」と問う。

昔は専業主婦が多く、子供の病気で昼間受診することや結婚して家庭に入ることが女性の幸せで
普通のことだと言われていたが、今は働く女性が増えてその常識は通用しない世の中になってきた。

『普通』って時代や社会によって変わるのに振り回される必要があるのかと疑問を問いかける。

聡も男性は外で働き、女性は家事、育児を行うということが普通だと感じていたが、
これからは男性も子供のことや家のことにも目を向けて協力をしていかないとならないと
考えを改めるのだった。

常識非常識という考え方にとらわれず、自分たちがどうしたいかという考えで行動をする。

美月の父、哲郎の改心

深澤は美月の父哲郎に、美月は、母の死にとらわれて
ナイトドクターをしているのではなく、ナイトドクターがやりたくてやっているということを伝える。

美月のナイトドクターに対する姿勢に、哲郎は美月の仕事を認め応援すると
気持ちを改めるのだった。

成瀬の過去、桜庭の病気、実は変質者だった斎藤に襲われる美月。

次回が気になる展開で第2話が終了・・・。

つづく。

ナイトドクター第2話の感想

ナイトドクター第2話を見て、『普通』って何だろう?と思いました。

多数派の行動が普通で、少数派の行動が普通ではない。

女性で、ナイトドクターという少数派の仕事をする美月、ワーママとして働くことに忙しく子供の発熱を面倒だと感じてしてしまう鮎川。

自分が普通だと思うことを押し付けてはならないし、色々な事情があって多数派と同じ行動ができない人を『非常識』だと決め付けるのもよくないと思いました。

『自分たちの普通は自分たちが作る。』

確かにそうだよなと感じました。

Twitterでの感想も紹介しますね。

 

まとめ

ドラマ『ナイトドクター』第2話のあらすじと感想を紹介しました。

小さい子供がいるワーママの大変さ、コンビニ受診問題、普通って何なんだろう?と色々なテーマが混ざってました。

私も子供が小さいうちは仕事していたので、子供の体調不良で仕事を早退したり休んだりする気まずさや、受診するのを面倒くさいと思ってしまう気持ちに共感しました。

第2話は、第3話に繋がる気になる伏線もあって、第3話が気になりましたね。

 

ナイトドクター第2話あらすじ

タイトルとURLをコピーしました