ナイトドクター第5話のあらすじ・ネタバレ感想まとめ!成瀬の過去が明らかに!

ナイトドクター第5話のあらすじ・ネタバレ感想まとめ!成瀬の過去が明らかに!のアイキャッチ ナイトドクター

2021年7月19日に第5話が放送されたドラマ『ナイトドクター』。

夜の病院で働く若き5人の医師の物語。

第5話は、成瀬の過去が明らかになります。

この記事では、ドラマ『ナイトドクター』第5話のあらすじと感想をまとめました。

ナイトドクター第5話のあらすじ

朝倉美月(波瑠)は、成瀬暁人(田中圭)が訴えられている事を知った。しかし、訴訟の詳細を成瀬が美月に話す事は無い。以降、成瀬の態度は以前にも増して美月に冷たくなる。患者の治療も、少しでも美月がもたついていると成瀬が奪ってしまう。美月だけでなく深澤新(岸優太)たちも成瀬の変化を感じていた。本郷亨(沢村一樹)は後輩を育てるつもりは無いのかと成瀬に聞くが、自分が処置した方が確実だと譲らない。

これでは救急医としての腕を磨けないと美月は焦る。そんな時、夜はキャバクラで働いているが昼は会社員をしているという患者の話を聞いた美月は、昼間の非常勤救急医の応募病院を調べ始めた。そこに、ホットラインが鳴り、母親の越川法子(紺野まひる)に付き添われた子供、日向(正垣湊都)が運び込まれる。美月と高岡幸保(岡崎紗絵)が処置に迷っていると、またも成瀬に奪われてしまった。日向は一命を取り留めたが、法子を安心させようと「絶対に助ける」と言った深澤にも、成瀬は患者や家族の前で二度とその言葉を口にするなと手厳しい。

美月は八雲徳人院長(小野武彦)に成瀬の訴訟について聞く。八雲は成瀬が手術を担当した子供の母親に訴えられているのだと美月に教えた。その母親、秋山真紀(山本未來)が病院を訪ねて来たため、成瀬が訴訟を抱えていることが病院スタッフに知れ渡ってしまう。一方、日向の疾患原因はなかなか判明しない。本郷は法子が記入した日向の問診票に疑問を持ち、美月と成瀬が法子から詳しく話を聞くことになった。

引用:ナイトドクター公式サイト

以下、ネタバレを含むので、注意して下さい。

 

成瀬が訴えられていることを知った美月

美月は、成瀬が裁判所から届いた封筒を手にしていたことから、成瀬が誰かに訴えられているということを知ってしまう。

それ以降、成瀬の美月に対する対応が冷たく、美月が処置に手間取っていると美月の仕事を奪ってしまう。

成瀬の様子を見ていた本郷は、成瀬に後輩を育てる気がないかと聞くと、

成瀬は自分がやった方が確実だという。

お風呂で溺れて運ばれてきた6歳の男の子

お風呂で溺れて意識不明で『ひなた』という男の子が運ばれてきた。

「絶対にひなたを助けて欲しい」という母親の声が、成瀬の過去のできごとと重なる。

広い範囲で胃の粘膜から出血をしているひなたくん、出血の原因がわからない。

出血の原因を特定できないと母親に伝えると、ひなたくんを心配する母親(越川)の問い詰めに『できる限りのことはする』と答える成瀬。

成瀬が訴えれている原因

自転車の事故で頭を打って運ばれてきた子供。

オペはできないと言われたが、

子供を助けるために母親(秋山)にオペをして貰えるよう、同意書にサインを求める成瀬。

「子供はまた元気になるんですよね?」という母親からの問いかけに対し

「必ず助けます。」という成瀬。

オペをした男の子は一命を取り留めることは出来たものの、半身不随となってしまい、成瀬の説明と異なると、母親が成瀬を訴えた。

医療に限界があると感じる成瀬

オペをしないと助からない子供をオペして命を取り留めることができたのに、母親から訴えられてしまい、「俺が間違ったのかもしれない、テストでは毎回100点だったのに、今の仕事は答えが無くて嫌になる」と美月に愚痴をこぼす成瀬。

成瀬が訴えられていることが他のメンバーにバレる

成瀬を訴えている秋山が昼間病院を訪れ、成瀬がナイトドクターとして再就職していることに苦言を述べていた。

そのことで成瀬が患者の親族から訴えられていることが昼間担当の医師やナイトドクターのメンバーにバレてしまった。

ひなたくんと母親の関係

ひなたくんの病気の原因を突き止めようと、カルテを見返す成瀬、ひなたくんの健康保険証がないこと、家族歴の病歴などが不明なことなど、おかしいなと思うことがあり、遺伝的疾患がないか母親に父親のことを聞くが、答えにつまる母親。

本郷は、母親が書いたひなたくんの生年月日と年齢が合わないことに気付く。

実は、ひなたくんに付き添っている母親と名乗る女性は、実際の母親ではなく、ひなたくんの隣の家に住んでいる人だった。

ひなたくんは、実の両親に虐待をされていて隣に住んでいる女性が児童相談所に相談したが、保護期間が終わりひなたくんが両親のもとに返されていた。

再び両親のもとに返されたひなたくんが再び両親からの虐待を受けていることで、両親が出掛けている隙にひなたくんを保護するため越川が連れ出したのだった。

急変するひなた

ひなたくんに発疹があること、脳出血をしていることなどからオスラー病という珍しい病気であると突き止める成瀬。

すぐにオペをしないと命が危ないひなたくん、手術をするためには、親の同意が必要なのだが、できない。

親の代わりに同意書を書くと、「ひなたくんを助けるためなら犯罪者にだってなる。」という越川。

その言葉に突き動かされた成瀬は、越川の熱意に負けてひなたくんのオペをすることに・・・。

成瀬は一人でひなたくんのオペをしようとしたが、ナイトドクターのメンバーも成瀬の思いに突き動かされるようにオペに協力をするのだった。

無事手術が成功したが、逮捕される越川

ひなたくんのオペは無事成功、しかし、ひなたくんを誘拐した罪で越川は警察に捕まった。

ひなたくんの本当の両親は、家賃を滞納し蒸発、ひなたくんの捜索願いも出されていないという状態だった。

本郷の言葉にハッとする成瀬

オペの前に患者の親族に、オペの説明やリスクを説明し、同意を得る『インフォームドコンセント』ひなたくんのオペはインフォームドコンセントを行わずに実行したため、日勤の医師、鹿島に問い詰められる本郷。

「マニュアル通りに医学的な説明をし、患者にオペの同意を求めるが、患者はよくわからないまま同意をすることがある。

あとで、本当に同意して良かったのかと患者が不安になることがある」と本郷が反論する。

本郷の言葉を聞いた成瀬は、訴えを起こしている秋山に手術当日の説明不足に対することを謝りに行くのだった。

帰り際、どんな手術をしたのか説明書を秋山に渡した。

成瀬の訴訟が取り下げされる

秋山の息子が手術の説明書を読んで、「難しい手術を受けて、今生きているのが奇跡だ」と、手術の同意書にサインをしてくれた秋山に感謝をするのだった。

息子の言葉に秋山は訴訟を取り下げを行った。

美月の副業

成瀬に仕事を取られてしまう美月、技術の向上のため、非常勤で他の病院で働き始めたが、夜の仕事との副業で疲労困憊に。

成瀬の心配をしていたメンバーたち

成瀬の訴訟に対し、訴訟が優位に動くように、色々な資料を用意していたメンバー、成瀬の訴訟取りやめ祝いを行うことに。

そんなメンバーの気持ちに突き動かされた成瀬は、メンバーを育成する決意をするのであった。

ナイトドクター第5話の感想

Twitterの感想をまとめました。

 

まとめ

ドラマ『ナイトドクター』第5話のあらすじと感想を紹介しました。

次回も楽しみですね。

 

タイトルとURLをコピーしました