ナイトドクター第6話のあらすじ・ネタバレ感想まとめ!どんな患者を受け入れるためにすべきこととは?

ナイトドクター第6話のあらすじ・ネタバレ感想まとめ!どんな患者を受け入れるためにすべきこととは?のアイキャッチ ナイトドクター

2021年6月21日に第1話が放送されたドラマ『ナイトドクター』。

夜の病院で働く性格も経験も異なる若き5人の医師の物語。

この記事では、ドラマ『ナイトドクター』第6話のあらすじと感想をまとめました。

ナイトドクター第6話のあらすじ

工場の事故で複数の傷病者が出たと『あさひ海浜病院』にドクターカーの出動要請が入る。本郷亨(沢村一樹)は朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)たちを現場に向かわせた。深澤が崩れた資材置場を見に行くと重傷を負った作業員がいる。

治療の自信がない深澤は美月を呼びに行き、処置を頼むことに。美月は作業員を助けるため資材の山を登るが、立ちくらみを起こして落下してしまった。しばらく意識を失った美月だが、深澤の呼びかけに目を覚まして作業員の処置を再開する。しかし、全ての傷病者の搬送を終えた時、美月の身体に再び異変が起こる。

本郷は成瀬と深澤に美月の事故原因を尋ねる。深澤は自分が傷病者の処置を任せきりにしたことを悔やみ、成瀬も美月を止める事が出来なかったと責任を感じていた。
美月が事故に遭ったことは病院内でも問題に。本郷は桜庭麗子(真矢ミキ)、八雲徳人(小野武彦)に全て自分の責任だと頭を下げた。

引用:ナイトドクター公式サイト

以下、ネタバレを含むので、注意して下さい。

事故現場の処置中に高所から落下し、倒れる美月

工場で事故が発生し、ドクターカーで出動した成瀬、美月、深澤。

美月は経験を増やすため、ナイトドクターのメンバーには内緒で昼間副業をしていた。

そのせいで疲労が溜まっていた。

事故現場では、凄惨な光景が広がっていた。

3人は手分けして患者の手当てを行う。

深澤は、太ももにパイプが刺さり大怪我をしている患者を発見したが、
自分で処置ができず、別の患者の処置を行っていた美月に処置をお願いする。

美月は、患者の処置を行おうとしたが、めまいが起こり、ポールの手すりに手を掛けた。

その瞬間、ポールが外れてしまい、美月は高所から落下してしまうのだった。
一瞬気を失ったが、すぐに目を覚まし、レスキュー隊とともに患者を助ける美月だった。

患者を助けたあと、美月は倒れてしまい、あさひ海浜病院へと運ばれる。

美月に過労の原因が副業によるものだとナイトドクターのメンバーにばれる

あさひ海浜病院に運ばれた美月は、処理を受け一命を取り留めた。

美月が高所から落ちた後も、患者の処置を全て美月に任せてしまった深澤と、

美月が疲労していたことを知っていたのに、気遣ってあげれなかった成瀬は、
自分たちを責めるのであった。

本郷が、美月のカバンから別の病院のIDカードを発見し、疲労の原因が
副業であったことを知る。

ナイトドクター、副業の勤務時間を合わせると、過労死ラインを超える時間であった。

成瀬に副業のことを怒れる美月

成瀬に副業をしていたことを怒られた美月は、副業をしていた原因を、医師のしての経験を積むためだと成瀬に話す。

成瀬は、疲労をためた状態では、患者を救うことができないと、美月を叱咤するのであった。

桜庭会長と本郷

美月の副業による疲労で事故を起こしてしまった件は、桜庭会長の耳にも届いていた。

もともと、医師の働き方改革により、夜間の救命救急を行うチームを作ったのだが、美月の行いは、それに反する行為だと。
本郷は、今後は必ずルールに沿って業務を行い、成果を出すと桜庭会長に誓うのであった。

過労で亡くなった成瀬の後輩

寮に帰った深澤は、成瀬に呼ばれ屋上へ行く。

成瀬は、救急医になってすぐのころに出会った、美月よりも熱心に業務を行い心臓発作を起こし27歳の若さで過労で亡くなった後輩のことを深澤に語った。

成瀬は後輩の過労を見て見ぬふりをしてしまった自分を後悔していた。

美月を見ている成瀬はその後輩に美月を重ねてしまうのであった。

深澤のチキン卒業

事故から2週間で職場に復帰した美月。

まだ完治はしておらず、まだ肋骨に痛みがある状態で復帰をしていた。

そんな中、ドクターカーの要請が入る。

美月が出動しようとするが、まだ怪我が完治していない美月を心配し、声を荒げる深澤。

結局、成瀬と深澤が出動することに。

患者を見て足がすくむ深澤だったが、成瀬に促され処置の手順を確認する。

成瀬に「完璧だ。あとはやるだけだ。何を迷う必要がある!」と叱咤され
意を決して処置を行い、無事に患者に処置を行うことができるようになった。

深澤は、勉強は人一倍していたが、患者の処置を行う度胸が持てずにいたのだ。

深澤に謝る美月

工場現場の事故で怪我をして助かった患者から声をかけられた美月。

事故の原因が副工場長(はまだ)の疲労によるものだったと、疲労に気付きながらも見て見ぬふりをしてしまっていたと語る。

その言葉を聞いた美月は、責任を感じている深澤に自分のせいで怪我をしたんだと深澤の家を訪れて謝るのであった。

医療雑誌や、手術動画、参考書に貼り付けてある大量の付箋を見つけ、人知れず、勉強をしていることを知り、美月も見習おうと思うのであった。

患者が無理をする姿と自分を重ねる美月

心臓発作で倒れるはまだ。美月の処置により、一命を取り留め目を覚ました。

安静してないとならないのに、すぐに今回の事故の謝罪をする電話をしようと起き上がろうとする。

しかし、無理をするとまた心臓発作が起こってしまいかねない。

そんなはまだに美月は自分を照らし合わせ、同僚から言われたことや、休んでいる間も仲間が勉強している姿を伝えた。

自分ひとりでしょい込むのではなくて、仕事仲間をもっと信用しようとはまだに語る。

ナイトドクター第6話の感想

美月も深澤もそれぞれが成長した第6話。

深澤先生無事にチキン卒業できて良かったなと感動しました。

あと、仲間を信じるって大事だなと感じました。

まとめ

ドラマ『ナイトドクター』第6話のあらすじと感想を紹介しました。

第6話は、働く時間を長くして無理をしてでも技術を磨こうとした美月に反し、短い勤務時間で、休み中にできることを勉強するという同僚や先輩。

成瀬に発破をかけられ遂に患者の処置ができるようになってチキンを卒業することができた深澤先生など見どころが満載でした。

第7話からまた違った展開が待っているということで、第7話も楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました