ナイトドクター第7話のあらすじ・ネタバレ感想まとめ!

アイキャッチ ナイトドクター

2021年8月16日に第7話が放送されたドラマ『ナイトドクター』。

夜の病院で働く若き5人の医師の物語。

この記事では、ドラマ『ナイトドクター』第7話のあらすじと感想をまとめました。

ナイトドクター第7話のあらすじ

朝倉美月(波瑠)は高岡幸保(岡崎紗絵)から合コンに誘われるが興味ないと断る。一方、成瀬暁人(田中圭)は医大の後輩で脳外科医の里中悟(古舘佑太郎)と病院内で出会い、ナイト・ドクターとして勤務していることに驚かれた。
幸保は益田舞子(野呂佳代)と合コンへ。幸保が相手の赤松直人(佐伯大地)たちに自分たちの人数の少なさを謝っていると美月が現れる。美月はめげる事があって参加したのだ。だが、幸保が医師は敬遠されると赤松たちに看護師だと伝えていたことを知らない美月は、ナイト・ドクターだと言ってしまった。すると男性たち全員が看護師の舞子に注目。美月は幸保と揉めてしまう。

その夜、病院をたらい回しにされた患者が運び込まれた。患者を受け渡す救命士の星崎比呂(泉澤祐希)はホッとした様子。美月は患者の顔を見て理由を悟る。その患者は、かつて美月が救助したホームレス(神尾佑)だった。その場に居合わせた深澤新(岸優太)も気づく。美月は帰ろうとする星崎を呼び止め、かつて処置した時の記録が残っていたら身元確認になるかもしれないので調べて欲しいと頼む。

次に搬送されたのは風見まどか(藤嶋花音)。付き添いの父、信行(林泰文)にまどかの緊急手術を幸保が拒否されたことを桜庭瞬(北村匠海)が美月たちに報告。信行は夜間勤務の医師たちを信用していないようだ。本郷亨(沢村一樹)はそれがナイト・ドクターの現実だと美月たちに突きつける。そんな時、昼間の合コン相手の赤松が原因不明の発熱で外来にやって来た。

引用:ナイトドクター公式サイト

ナイトドクターという職業が持つ本当の意味とは?

美月は、元カレ大輔のインスタで、大輔が浮気相手と結婚することを知り、高岡と看護師の益田(野呂佳代)に誘われた合コンんに参加するのであった。

合コンで職業を聞かれた美月は、ナイトドクターをしていると正直に答えた。

美月の職業が夜のお医者さんだと知った男性3人は、明らかに引いていた。

美月は、ナイトドクターという仕事が持つ本当の意味をまだ知らなかった。

 

ナイトドクター第7話の感想

まとめ

放送後更新します。

タイトルとURLをコピーしました