ナイトドクター第8話のあらすじ・ネタバレ感想まとめ!人生の選択に悩む成瀬

ナイトドクター 第8話のあらすじ ネタバレ 感想まとめ!のアイキャッチ ナイトドクター

2021年8月23日に第8話が放送されたドラマ『ナイトドクター』。

夜の病院で働く若き5人の医師の物語。

第8話では、脳外科医に転科するのか、ナイトドクターを続けるのか人生の選択に悩む成瀬先生のお話です。

この記事では、ドラマ『ナイトドクター』第8話のあらすじと感想をまとめました。

ナイトドクター第8話のあらすじ

朝倉美月(波瑠)は成瀬暁人(田中圭)が里中悟(古舘佑太郎)から脳外科に移るよう誘われている姿を見てしまう。美月が話を聞くと、成瀬は素直に脳外科の高梨英樹部長(益岡徹)からも脳外科医を目指すよう勧められていると話した。だが、成瀬は八雲徳人院長(小野武彦)や本郷亨(沢村一樹)がナイト・ドクターとして受け入れてくれたことに恩を感じ、決めかねている。

高岡幸保(岡崎紗絵)と深澤新(岸優太)の部屋に行った美月は、成瀬の事情を話してしまう。すると幸保はナイト・ドクター制度存続の危機だと美月より慌てだす。美月に影響を受けた幸保は今の仕事にやり甲斐を感じていたのだ。その夜、勤務に就いた幸保は成瀬を気遣い始める。幸保は成瀬を引き留めようと懸命なのだ。

そんな時、くも膜下出血の患者が運び込まれた。成瀬は進んで執刀にあたるが、通常の動脈瘤ではないため手術を断念。手術の様子を見ていた深澤や桜庭瞬(北村匠海)はショックを受ける。何より諦めざるを得なかった成瀬の衝撃は大きい。桜庭はこれを機に成瀬が脳外科に移るのではないかと美月たちに話す。

成瀬は患者の手術を高梨に頼みに行く。だが、高梨は留守で、居合わせた里中が執刀することになった。帰ろうとする成瀬に、本郷は脳外科に行くことを迷っているなら自分は止める気もないし、背中を押す気もないと告げた。 休暇の美月は心美(原菜乃華)に誘われたダブルデートで、岡本勇馬(宮世琉弥)、深澤とキャンプに向かう。その頃、成瀬は転科を真剣に考え始めていた。

引用:ナイトドクター公式サイト

脳神経外科医になるか、ナイトドクターを続けるか悩む成瀬

元脳神経外科医だった成瀬、大学の後輩里中(古舘佑太郎)があさひ海浜病院の脳神経外科に勤務をしていて、成瀬を脳神経外科に誘おうとしている。

美月は、成瀬がまた脳神経外科医に戻るのかが気になり、成瀬から話を聞く。

脳神経外科の部長の高梨(益岡徹)からも1つの分野に特化しらたどうかと言われたが、成瀬は、八雲院長や本郷に恩があるので、決めかねていた。

脳の手術を中止する成瀬

くも膜下出血の症状で患者が運ばれて来た。

成瀬が開頭手術をするが、今の成瀬の腕では対応できない症状ということがわかり、途中で手術を中止してしまうのだった。

これ以上の処置は、脳神経外科医に任せることにした成瀬。

その状況を見たナイトドクターのメンバーは、このことがきっかけで成瀬が脳神経外科に転科するのではないかと勘繰る。

里中に引き継ぐと、すぐに術式を考え、『自分がやります』と里中に言われ、成瀬は驚く。

その後、里中は、患者の手術を成功されるのであった。

Wデート

深澤、美月、心美、勇馬の4人はWデートということで、キャンプ場に来ていた。

兄の恋愛を応援する心美は、美月にどうアピールすればよいか事前にマニュアルを用意していたのだが、深澤のアピールは見事に失敗してしまうのであった。

Wデートのロケ地になったキャンプ場はこちらの記事で紹介しているので合わせて読んでみて下さいね。

ナイトドクターキャンプ場の場所はどこ?料金や口コミを紹介!

心美と勇馬がボートに乗っているところを見ながら美月は、深澤に心美の病気を治せる医者になれるように頑張って欲しいと伝える。

しかし、深澤は、ナイトドクターとの両立は難しいと思っている。

心美は、兄にナイトドクターとして頑張って欲しいと思っていた。

脳外科医が手術できないピンチを成瀬が救う

日勤のドクターと引き継ぎを行おうとした時、有名な料理人、安西が脳卒中で運ばれて来た。

すぐに手術が必要なのだが、この日脳外神経外科の高梨と里中は学会のため地方に出張中で、安西を転院させる手配をしようとしたが、受け入れて貰える病院はなかった。

本郷は元脳外科医の成瀬がいると嘉島に言うが、専門外の医者には任せられないと安西に指1っ本触れるなと罵倒した。

成瀬は美月と安西の様子を観察していた時、安西が「手が動かない」と訴えてきた。

高梨に電話をする嘉島だったが、高梨の戻りが明日の朝と聞き、処置できない嘉島がうろたえる。

嘉島は本郷に、どんな手を使っても良いから、明日の朝まで安西を持たせるようにと命令をした。

安西の病状が急変し、成瀬と美月が手術をすることになった。

安西の手術の途中、腫瘍からの出血がひどく、手術を再び中断する判断をする成瀬だったが、応急処置を行い、一晩中安西の状態を管理していたのだった。

翌日、学会から帰ってきた高梨と里中に安西の手術を引き継ぐ成瀬。

成瀬の応急処置のおかげで安西の手術が無事に完了し、安西の状態が回復したのだった。

成瀬は里中に、引継ぎがしやすいように工夫された応急処置、一晩中行った安西の状態管理を感謝される。

このことにより、成瀬は脳外科医に転科することなく、脳外科医としての勉強をしながらナイトドクターを続ける決意をするのであった。

救命救急医として成長した、深澤、高岡、桜庭の3人

成瀬と美月が手術をしている間に急患2名の受け入れ要請が入る。

高岡と深澤、遅れてきた桜庭の3人で患者2人の処置をテキパキとこなし、無事2人の患者の命を救うことができた。

ナイトドクター第8話の感想

第8話は、ナイトドクターとしての役割がわかる回でした。

さまざまな症状の患者が運ばれてくる夜間、専門的な技術よりも総合的な広く浅くの知識が必要。
スペシャリストではないから、若い人がやりたがらない仕事だと桜庭先生が言っていました。

成瀬も元脳外科医のノウハウを生かして脳の手術はできるけど、難しい手術だと専門的な知識を持つ脳外科医には劣っていると気付きます。

でも、後半はナイトドクターは、患者の命を朝まで繋ぐスペシャリストであると気付くのです。

私は第8話を見て、ナイトドクターを続けながらそれぞれが目指す目標に向けて両立する道もあることを悟った5人がとても印象的でした。

まとめ

ナイトドクター第8話のあらすじ、感想ネタバレをまとめました。

成瀬先生、脳外科医に転科するかと思ったのですが、ナイトドクターとして残る道を選んで良かったなと思いました。

第8話の最後は心美の急変。

第9話がどうなるか気になりますね。次回も楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました