石井美保式スキンケアのやり方!こすらない・朝頑張るで1週間で美肌へ

石井美保式 スキンケアの方法! こすらない 朝頑張るで 1週間で美肌へのアイキャッチ 生活の知恵

テレビや雑誌で話題の美容家の石井美保さん、45歳には見えないほどとても肌がキレイですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

石井美保(@miho_ishii)がシェアした投稿

キレイな肌の秘密は、『こすらない、朝頑張る』というスキンケア方法にありました。

この記事では、石井美保式のこすらないスキンケア方法やスキンケアの順番をまとめました。

 

\石井美保さんの著書はこちら/


 

石井美保式スキンケアの順番

石井美保式のスキンケアの順番は以下の通りです。

  1. クレンジングを行う
  2. 洗顔を行う
  3. 化粧品を塗る
  4. 乳液を塗る
  5. クリームを塗る

石井美保式のスキンケアは、朝しっかりと行うという方法で、朝は2~5の順番で行います。

スキンケアを行う時に肌をこするとしわやたるみの原因となるため、どの工程も『こすらない』というのが共通のポイントです。

それぞれの工程のやり方を紹介します。

石井美保式スキンケアのやり方:クレンジングのやり方

石井美保式スキンケアクレンジングのポイント

クレンジングは、お化粧を落とす時に行うので夜だけ行います。

クレンジングの選び方としては、ナチュラルメイクの場合は、ミルクタイプまたはフォームタイプを、ウォータープルーフタイプの化粧品なら、オイル系を選びましょう。

量は通常よりも多めに使うのがポイント。

オイル&ミルクタイプなら500円玉よりも大きめの量を、フォームタイプなら、ピンポン玉3個分を目安にたっぷりと使って汚れを浮き上がらせて行きましょう。

1.広い部分は大きく円を優しく広げて行く

まずは、頬や額といった面積の広い部分からクレンジングを塗り広げて行きます。

指の腹と肌の間にクレンジングのクッションがあるようにして指で直接肌をこすらないように注意しながら大きく円を描いてゆっくりと優しくクレンジングを広げて行ってください。

2.小鼻の周りや目の周りといった細かい部分は薬指や小指を使って落とす

小鼻の周りやあご周りといった細かい部分は薬指または小指を使って優しく汚れをクレンジングを塗り広げながら汚れを浮かせるようにしながら乳化させていきます。

クレンジングが肌に長時間触れている状態では、乾燥の原因となってしまうので、クレンジングで汚れを浮かせる工程は1分以内に終わらせるようにして下さい。

3.ぬるま湯ですすぐ

水よりも暖かめの30度ほどのぬるま湯を両方のてのひらですくって肌に垂直に当てながらすすいでいきます。

正面10回、顔を横に向けて左右の頬5回ずつ、額とあごをそれぞれ5回を目安にぬるま湯を両方のてのひらですくって肌に垂直に当てながらすすいでいき、最後にすすぐ残しがないか鏡で確認す量にして下さい。

クレンジングをする時にお風呂の中で行うという方も多いと思います。

そのため、すすぐときは温かいシャワーですすいでいるという方もいるでしょう。

温かいシャワーですすぐと肌の脂分が流れ過ぎてしまうので乾燥の原因になるので、洗面所の流水を手ですくいながらすすぎましょう。

石井美保式スキンケアのやり方:洗顔のやり方

石井美保式スキンケア洗顔のポイント

洗顔のポイントは、たっぷりの泡を使った押し洗い

石井美保さんのYouTubeで2分2秒あたりから洗顔のやり方を動画で解説しているので参考にして頂ければと思います。

1.泡立てネットでたっぷりの泡を作る

洗顔フォームを泡立てネットに出し、ぬるま湯で濡らしてこすり合わせながら、ピンポン玉3つ分のたっぷりの泡を作ってください。

2.押し洗いしながら汚れを押し出す

両方と手のひらと頬の間を泡のクッションではさみ、モフモフと10回ほど押し洗いして下さい。

額やあご、鼻周り、目元も同様に泡のクッションを使ってモフモフと押し洗いを行います。

3.ぬるま湯ですすぐ

クレンジングをすすいだ時と同様に、水よりも暖かめの30度ほどのぬるま湯を両方のてのひらですくって肌に垂直に当てながらすすいで下さい。

4.タオルで水分オフする

肌への刺激にならないよう、ふんわりと肌触りがよいタオルを使って、ポンポンと優しく肌に押し当てるようにして水分をタオルに吸い込ませて行ってください。

石井美保式スキンケアのやり方:化粧水の使い方

石井美保式スキンケア化粧水のポイント

石井美保式の化粧水を塗る時のポイントは、『満タン』になるまで肌に化粧品を吸わせることです。

1.頬や額、あごといった面積が広い部分に浸透させる

化粧水を500円玉大の量を手に出し、手のひらになじまさせたら、頬や額、あごといった面積の広い部分にハンドプレスして肌に浸透させます。

この時、手のひらを顔の内側から外側に動かしながら顔全体に化粧水を浸透させていってください。

2.目元、鼻の下など細かい部分に化粧水を浸透させる

目元、鼻の下などは、薬指を使って優しく押しながら化粧水を浸透させていきましょう。

3.化粧品が肌に浸透しなくなるまで繰り返し行う

化粧水を肌に浸透させる工程は、肌にこれ以上化粧水が染み込まないというまで繰り返し行います。

石井美保さんは10回ほど繰り返しているそうです。

肌に化粧品が満タンになったというサインは、ハンドプレスした手に化粧品がビシャっと残るようになった時。

石井美保式スキンケアのやり方:乳液の使い方

石井美保式スキンケア乳液のポイント

乳液を塗る時のポイントは、『温めること』。

1.乳液を人肌に温める

両方の手のひらに500円玉大の乳液を出して、手のひらで擦って乳液を人肌に温めてから肌に塗ります。

乳液は人肌に温めることで肌への浸透が良くなるのです。

化粧品を塗る時と同じ順番で面積が広い頬、額、あごは両手のひらで、目元や鼻の周りといった細かい部分は薬指で擦らないように優しくハンドプレスしながら広げて行ってください。

石井美保式スキンケアのやり方:クリームの塗り方

石井美保式のスキンケア最後はクリームで蓋をします。

朝は夜の1.5倍の量のクリームを使って下さい。

クリームを塗った後、5分ほど置いてからファンデーションを塗ることで、化粧ノリが良くなります。

石井美保式のスキンケアを1週間行った効果は?

ヒルナンデスでたんぽぽの川村エミコさんが石井美保式のスキンケアの方法を1週間実践した模様が放送されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

川村 エミコ(@kawamura_emiko)がシェアした投稿

メイクさんに『肌の調子がいいね』と言われてとても喜んでいましたよ。

石井美保式のスキンケア方は徹底的に『こすらない』ということを意識しています。

たった1週間でも肌の変化をが感じられるということなので、実践してみたら効果が期待できそうですね。

石井美保式のスキンケアの方法をもっと詳しく知りたい!という方は石井美保さんの著書『1週間であなたの肌は変わります』を参考にしてみて下さい。


石井美保スキンケアのやり方のまとめ

石井美保式のスキンケアの順番や方法を紹介しました。

石井美保式のスキンケアの順番は以下の通りです。

  1. クレンジングを行う
  2. 洗顔を行う
  3. 化粧品を塗る
  4. 乳液を塗る
  5. クリームを塗る

どの工程もこすらないというこを意識して行いましょう。

どれもたっぷりと使ってやさしく行います。

特に化粧水は500円玉大の量を使って肌に化粧水が満タンになるまで10回ほど浸透させます。

高い化粧水をケチって使うくらいなら、安い化粧水をたっぷり使った方が肌に良いということです。

石井美保式スキンケアをマスターして美肌を目指しましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました