鬼滅の刃の作者の他作品の題名は?読む方法は?

アイキャッチ 鬼滅の刃

週間少年ジャンプに連載中の『鬼滅の刃』、2019年にアニメ化されたことで、2019年12月4日発売の単行本、第18巻が100万部を突破するという大人気の作品です。

鬼滅の刃の作者である、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さん。鬼滅の刃の前はどんな作品を描いていたの他作品が気になりませんか?

他作品も鬼滅の刃に通じる作品があるのでしょうか?

発売されているなら、読んでみたいですよね。

この記事では、鬼滅の刃の作者である、吾峠呼世晴さんの他作品の題名と読む方法を紹介します。

鬼滅の刃の作者の他作品は?

鬼滅の刃の作者は、鬼滅の刃の連載前に以下の4つの読切りの作品を発表しています。

●『過狩り狩り』
●『文殊史郎兄弟』
●『肋骨さん』
●『蠅庭のジグザグ』

鬼滅の刃が初の連載作品です。

初連載で大ヒットとは、吾峠呼世晴は、凄い才能がある漫画家さんですね。

『過狩り狩り』

鬼滅の刃の作者は、2013年に投稿した、『過狩り狩り』という読み切りの作品で、第70回JUMPトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞しました。

『過狩り狩り』は、2016年2月15日に発売された少年ジャンプに掲載されています。
『過狩り狩り』は、『鬼滅の刃』のベースとなった作品。

この作品にも鬼が登場しますが、人を喰う鬼ではなく、吸血鬼。
時代設定も鬼滅の刃と同じ明治~大正時代となっています。

『文殊史郎兄弟』

『文殊史郎兄弟』は、鬼滅の刃の作者が2014年に発表したデビュー作です。

『文殊史郎兄弟』も読み切りの作品で、少年ジャンプNEXT!!の2014年vol2と、2016年2月22日に発売された少年ジャンプに掲載されています。

『肋骨さん』

『肋骨さん』は、第9回金未来杯エントリー作です。

週刊少年ジャンプ2014年39号と、2016年2月29日に発売された少年ジャンプに掲載されています。

邪氣に憑かれた人を浄化する浄化師の物語。

独特なタッチの絵という評価と、独創的な内容が面白いという評価がありました。

『蠅庭のジグザグ』

『蠅庭のジグザグ』は、週刊少年ジャンプ2015年21号と、2016年3月7日発売の少年ジャンプに掲載されています。

鬼滅の刃の作者の他作品を読む方法

鬼滅の刃の作者の他作品は、『吾峠呼世晴短編集』として2019年10月4日に単行本として発売されています。

過去の少年ジャンプを購入するのは難しいですが、鬼滅の刃の作者の他作品4作品がこの1冊で全て読めるので、とても貴重な1冊ですよね。

[itemlink post_id=”5309″]

どの作品も、吾峠呼世晴さんにしか描けない独創的な世界観があるお話です。

鬼滅の刃の要素がところどころちりばめられている、『吾峠呼世晴短編集』是非読んでみて下さいね。

まとめ

鬼滅の刃の作者の他作品を4つ紹介しました。

●『過狩り狩り』
●『文殊史郎兄弟』
●『肋骨さん』
●『蠅庭のジグザグ』

4作品は、『吾峠呼世晴短編集』として発売されています。

[itemlink post_id=”5309″]

鬼滅の刃の作者の他作品を読んでみたいという人は、是非買ってみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました