ミステリと言う勿れ大隣警察署のロケ地はどこ?目撃情報を調査してみた

アイキャッチ ミステリと言う勿れ
スポンサーリンク

2022年1月10日(月)から始まるドラマ『ミステリと言う勿れ』通称ミスなれの第1話では菅田将暉さん演じる主人公久能整(くのうととのう)が殺人犯の容疑者として警察署大隣署で事情聴取を受けることになります。

警察署大隣署は、レンガ張りと素敵な建物なので、ロケ地がどこなのか気になるという方も多いと思います。

この記事では、ドラマ『ミステリと言う勿れ』の警察署大隣署のロケ地がどこなのか、目撃情報をもとに調査をしました。

 

スポンサーリンク

ミステリと言う勿れ大隣警察署のロケ地はどこ?目撃情報を調査してみた

ドラマ『ミステリと言う勿れ』で菅田将暉さん演じる久能整(くのうととのう)は、殺人犯の疑いをかけられ大隣警察署で事情聴取を受けます。

大隣警察署は、今後も度々ドラマの中に登場することが予測されるので、ロケ地が気になるという人も多いのではないでしょうか?

ミステリと言う勿れの公式ツイートでは、大隣警察署をバックに大隣署の巡査部長である、筒井道隆さん演じる青砥成昭(あおとなるあき)の写真が公開されています。

 

大隣警察署のロケ地は、目撃情報より、『茨城県三の丸庁舎』であることがわかりました。

 

三の丸庁舎の場所はこちら。

茨城県水戸市5

 

スポンサーリンク

茨城県三の丸庁舎とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

しょう🧪(@sho1031to)がシェアした投稿

茨城県の三の丸庁舎は、昭和5年に建設されたレンガ張りの外観が特徴的な歴史ある建物です。

近代ゴシック建築様式の建物で、茨城県に残る明治以降のう洋風建築物の中で最大の規模となっています。

外観がとても豪華なのですが、内部も大理石の階段や年代物のシャンデリア、時計など威風堂々とした雰囲気が漂っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ワトの母(@watobba)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

茨城県の三の丸庁舎は多数のドラマのロケ地となっている

外観、内装ともに素敵な三の丸庁舎、外観を多くのドラマのロケ地として使われているんですよ。

  • 日本テレビ「最後の弁護人」
  • テレビ朝日「富豪刑事」
  • テレビ朝日「仮面ライダーカブト」

など

ミステリと言う勿れでは大隣警察署の外観として使われているということなのですが、過去、刑事物や弁護士物のドラマで使われていますね。

外観から、警察署や裁判所のロケ地として使われてることが多いようです。

まとめ

ドラマ『ミステリと言う勿れ』の大隣警察署のロケ地はどこなのか紹介しました。

大隣警察署のロケ地は、茨城県の三の丸庁舎です。

レンガが張られた外観の歴史ある建物で多くのドラマのロケ地として使われています。

ドラマ『ミステリと言う勿れ』この記事を書いている時点ではまだ放送前なので、どんな内容なのかロケ地も含めて、放送されるのが楽しみです。

原作は、大人気の漫画ということで、原作も読んでみたいという方は、こちらのサイトが全巻まとめ買いするのに便利ですよ。

ミステリと言う勿れの原作漫画全巻まとめ買いはこちら

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました