みなとみらいロープウェイの料金は高い?料金・運行ルートを紹介!

アイキャッチ Twitterで話題

2021年4月22日に横浜のみなとみらいに、都市型ロープウェイ『ヨコハマエアキャビン』が開業しました。

Twitterでは料金が高いという人が多いのですが、本当に高いのか、料金や運行ルートを紹介します。

みなとみらいロープウェイの料金は高い?

みなとみらいに4月22日にオープンした都市型ロープウェイ(ヨコハマエアエアキャビン)。
Twitterで料金が『高い』と言っている人が結構いるなという印象です。

みなとみらいロープウェイの料金はこちら
ヨコハマエアキャビンの料金
出展:ヨコハマエアキャビン公式サイト

3歳未満は無料となっています。

ヨコハマエアキャビンは、コスモワールドと同じ会社が運営しているということもあり、コスモクロック(観覧車)とのセット割が大人1500円となっています。

コスモクロック単体の場合大人900円なので、セットなら400円お得ですね。

みなとみらいロープウェイの料金が高いなと感じるのは

●運行ルートが徒歩でも行ける距離
●乗っている時間が5分

ということが原因なのではないかと推測されます。

みなとみらいのロープウェイの運行ルート

みなとみらいのロープウェイの運行ルートはこちら
ヨコハマエアキャビンの運行ルート
出展:ヨコハマエアキャビン公式サイト

 

桜木町駅と運河パークを結ぶ片道630mの距離となっています。

運行ルートを見てわかると思いますが、汽車道がヨコハマエアキャビンの運行ルートに沿っているんですよね。

私は何度かみなとみらいに遊びに行ったことがあり、汽車道を通ったこともあるのですが、歩いてもそれほど苦ではない距離です。

みなとみらいの街並みを眺めながら歩くととても気持ちがいいなと感じますよ。

みなとみらいのロープウェイを移動手段と考えるから高いと感じる

今までいくつかロープウェイに乗ったことがありますが、徒歩では行けない山道の移動手段としてロープウェイを使いました。

移動手段なら多少料金が高くても徒歩で行けないということで、払いますし、ロープウェイに乗る価値を感じます。

しかし、みなとみらいのロープウェイの運行ルートは、徒歩でも行ける短い距離なので、移動手段として大人片道1000円は高く感じます。

ヨコハマエアキャビンの運営会社は、移動手段というより、アトラクションという位置付けでロープウェイを開業したということで、料金設定は、コスモクロックと近い価格に設定したということです。

アトラクションという考え方なら、1000円出してもよいかもなという気になりますね。

遊園地の乗り物も乗っている時間は短いのに700円、1000円とかするのもありますよね。

料金だけで考えたら高いかもと思いますが、アトラクションに乗って得られるスリルや感動を味わいたいと思ってその料金を払ってアトラクションに乗ります。

みなとみらいのロープウェイに乗るとこのような景色を見ることができるようですよ。

昼間の風景も素敵ですが、夜はゴンドラがライトアップしたり、みなとみらいの夜景がとてもきれいに見えますね。

料金は少し高いなと思いますが、実際に乗って生でみなとみらいの風景を見てみたくなりました。

まとめ

みなとみらいロープウェイ(ヨコハマエアキャビン)の料金と運行ルートを紹介しました。

片道650mで大人1000円という料金なので移動手段として考えると高いなと感じますが、アトラクションに乗るという感覚で楽しむとよいのではないかと感じました。

タイトルとURLをコピーしました