【コントが始まる】の中華料理屋『ポンペイ』の場所(ロケ地)はどこ?店名の由来は?

アイキャッチ コントが始まる

2021年4月17日から始まったドラマ『コントが始まる』。

売れないお笑い芸人トリオ『マクベス』が高校時代によく通っていた中華料理屋『ポンペイ』ロケ地がどこなのか、中華料理屋としてはちょっと変わった店名、由来は何なのか、気になります。

この記事では、ドラマ『コントが始まる』の『ポンペイ』という中華料理屋の場所や店名の由来をまとめました。

コントが始まる『ポンペイ』の場所は?

ドラマ『コントが始まる』で、マクベスの3人が高校時代の溜まり場的中華料理屋『ポンペイ』

ロケ地がどこなのか調べました。

『ポンペイ』は東京の浅草にある中華料理屋『太陽』がロケ地となっています。

暖簾が湾曲してるのがとても特徴的ですよね。

太陽の住所は
東京都台東区浅草3丁目42−4
つくばエキスプレス線「浅草」駅・徒歩10分の場所にあります。

営業時間
11時30分~21時30分(ラストオーダー21時)
※新型コロナウイルス対策のため変更の可能性があります。

定休日
火曜日

問い合わせ
03-3873-1412

『太陽』はドラマ『コントが始まる』のロケ地の他、映画『mellow』のロケ地としても使われたんですって。

コントが始まる『ポンペイ』のロケ地浅草にある中華料理屋『太陽』の人気メニューは?

『太陽』ではチャーハン、レバニラ、かに玉といった中華料理の他、カレー、ハヤシライスといった洋食メニューもありますよ。

中でも一番人気は、餃子。

コレ、餃子の見た目じゃないですよね。

『太陽』の餃子は茹でた後に油で揚げ焼きするというちょっと珍しいタイプの餃子なんです。

美味しそうですよね。

コントが始まる『ポンペイ』の店名の由来は?

ドラマの中に出てくるマクベスの3人が高校時代によく通っていた中華料理屋の名前が『ポンペイ』というのですが、

「中華料理屋らしくない名前だなー、店名の由来って何だろう?」

って気になりました。

『ポンペイ』の由来については、公表されていませんでした。

『ポンペイ』って言葉を調べてみたら、ウィキペディアに掲載されていました。

イタリアのナポリ近郊にあった古代都市の名前が『ポンペイ』。

火山の噴火によって地中に埋まってしまった都市です。

遺跡の主要部分がユネスコの世界遺産の登録されています。

『コントが始まる』の中華料理屋の名前と、火山の噴火によって消滅してしまった古代都市と関係があるのかはわかりませんが、古代都市のポンペイが栄えていた時には、火山の噴火によって消滅してしまう未来なんて思いもしなかったでしょう。

マクベスの3人も、マクベスを結成した時には「コントで売れる」という華々しい未来しか見えていなかったはず。

もしかしたら、マクベスの結成のきっかけになった中華料理屋の店名を『ポンペイ』としたのは、今は無き古代都市『ポンペイ』に由来しているのかもしれないなと感じました。

まとめ

ドラマ『コントが始まる』の中華料理屋、『ポンペイ』のロケ地は、店名の由来をまとめました。

『ポンペイ』は東京の浅草にある中華料理屋『太陽』がロケ地となっています。

『ポンペイ』という店名の由来については公表されていませんが、イタリアのナポリにある今は無き古代都市の名前にが由来なのではないかと予想されます。

『コントが始まる』は、Twitterでも話題になっているので、今後の展開が楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました