【コントが始まる】メイクシラーズ(ファミレス)のロケ地はどこ?店名の由来は?

アイキャッチ コントが始まる

ドラマ『コントが始まる』、マクベスという結成10年目の売れないコントトリオと、マクベスの熱狂的なファンである中浜里穂子。

中浜里穂子は、『メイクシラーズ』という店名のファミレスでバイトをしていて、マクベスはその常連という間柄。

その為、ドラマで毎回『メイクシラーズ』が出てくるのでロケ地がどこなのか、気になります。

また、店名の由来は何なのかも気になりますね。

そこで、この記事は、ドラマ『コントが始まる』のファミレス『メイクシラーズ』のロケ地と、店名の由来は何なのかまとめました。

【コントが始まる】メイクシラーズ(ファミレス)のロケ地はどこ?

ドラマ『コントが始まる』で、マクベスが通っている『メイクシラーズ』というファミレス。

有村架純さんが演じる、中浜里穂子のバイト先でもあります。

メイクシラーズのロケ地がどこなのか調べてみました。

メイクシラーズのロケ地は、東京の渋谷にあるカフェ、『ルービオン青山』です。

ルービオン青山の場所こちら
東京都渋谷区渋谷2丁目2−17 トランスワークス青山 1階

正確には、ルービオン青山の外観が使われています。

ルービオン青山の向かって右側の2階に上がる階段がある入口の近くに、ドラマでは『メイクシラーズ』と書かれている看板とバイト募集の貼り紙が貼ってある木製の壁が設置されています。

ドラマでは、階段を上がった2階がメイクシラーズというファミレスがあるという設定になっていますね。

実際には、ルービオン青山の2階はファミレスではなく、『Trance WORKS AOYAMA』というコワーキングスペースになっています。

なので、ドラマでは、ファミレスの店内は別の場所が使われているんです。

コントが始まるでは、お店の外観がロケ地となっていますが、ルービオン青山の店内は、『おっさんずラブ』のロケ地として使われたことがありますよ。

【コントが始まる】メイクシラーズ(ファミレス)店名の由来は?

『メイクシラーズ』ってファミレスの名前っぽくないなって思うんですよね。

店名の由来について調べてみたところ、公式であきらかにされていませんでした。

『メイクシラーズ』という名前のファミレスが実在するのかも調べてみたのですが、実在しておらず、ドラマの中だけのファミレスの名前だということがわかりました。

しかし、『アンナミラーズ』というカフェが実際の店舗としてあるので、『アンナミラーズ』という店名を文字ったのかなぁと推測されます。

Twitterで推測している人がいるのですが、『メイクシラーズ』という店名の上段に英語で『Makeshiraz』と書いてあります。

ローマ字読みすると『負け知らず』と読めますね。

マクベスは、結成して10年間売れておらず、解散の危機に立っています。
中浜里穂子は彼氏に捨てられ、会社まで辞めてしまった、頑張ることが怖くなってしまった。

人生の負け組と言ってもよい4人なのですがここから『負け知らず』の人生が始まるということなのかもしれないですね。
これからのドラマの展開でファミレス『メイクシラーズ』の由来があきらかになるのか気になります。

まとめ

ドラマ『コントが始まる』のファミレス 『メイクシラーズ』のロケ地と店名の由来を推測してみました。

『メイクシラーズ』のロケ地(外観)は、東京の渋谷にある『カフェ ルービオン青山』がロケ地として使われています。

店名の由来はあきらかにされていませんが、『Makeshiraz』と英語で書いてあるのをローマ字読みすると『負け知らず』と読めるので今後のドラマの伏線ではないかと予想されています。

今後のドラマの展開が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました