アンサングシンデレラで題材になった1型糖尿病ってどんな病気?2型糖尿病との違いとは?

アンサングシンデレラで題材になった1型糖尿病ってどんな病気?2型糖尿病との違いとは?のアイキャッチ アンサングシンデレラ

2020年7月16日に放送されたドラマ『アンサングシンデレラ』第1話では、2人の子供が1型糖尿病を患って入院していました。

第1話に出演している子役についてはこちらの記事をみて下さい。
アンサングシンデレラの第1話の子役は誰?他の出演作は?

糖尿病という病気は知っているけど、1型って何?どんな病気なの?

ドラマを見て、1型の糖尿病という病気が気になった人多いと思います。

私も、大人が患う生活習慣病の糖尿病なら何となくわかりますけど、子供でも患う1型糖尿病ってよく知りません。

そこで、この記事ではアンサングシンデレラで題材になった1型糖尿病ってどんな病気?2型との違いとは?について調べてまとめました。

アンサングシンデレラで題材になった1型糖尿病ってどんな病気?

1型糖尿病は、膵臓のインスリンを出す細胞(β細胞:べーたさいぼう)が、壊されてしまう病気です。β細胞からインスリンがほとんど出なくなることが多く、1型糖尿病と診断されたら、治療にインスリン製剤を使います。
世界的には糖尿病全体の約5%が1型糖尿病と言われています。若い方を中心に幅広い年齢で発症し、生活習慣が関わる2型糖尿病とは、原因、治療が大きく異なります。
引用:糖尿病情報センター

1型糖尿病は、すい臓のインスリンを出す細胞が壊されて、インスリンがでなくなってしまう病気です。

インスリンが分泌されないと血液中の血糖値が上昇してしまい、吐き気や嘔吐、意識が遠のく、昏睡に陥るなどの危険な状態にいたってしまうのです。

1型糖尿病の原因はよくわかっていないそうですが、免疫反応が正しく働かないことで、自分の細胞を攻撃してしまうこと(自己免疫)であると考えられています。

1型糖尿病の治療方法

インスリンを自分の力で生成することができないため、症状の度合いによって1日1回~4回インスリン注射を自分で打つ必要があるんです。

インスリンの注射をすれば普段と変わらない生活ができますが、一生インスリンの注射をしないと生きていけないというのがつらいですよね。

1型糖尿病の治療はつらい

1型糖尿病は年齢に関係なく子供でもかかる病気だし、毎日定期的にインスリン注射をするのがが欠かせない生活というのが大変だなと、アンサングシンデレラの第1話を見て感じました。

特に子供だと病気に対する理解不足により、ひどいことを言ったりするんですよね。

第1話を見て1型糖尿病に対する知識や、患者の苦労などが少しわかりました。

1型糖尿病と2型の糖尿病との違い

1型糖尿病は、膵臓のインスリンを出す細胞(β細胞:べーたさいぼう)が、自己免疫の関係により壊されてインスリンがほとんど出ないまたは、全く作られないという病気です。

2型糖尿病は、体質(遺伝)や高カロリー食、高脂肪食、運動不足など生活習慣が原因で発症する病気です。

2型は主に40代以上の大人に多い病気ですが、1型は体質が原因と言えるので、年齢関係なくかかるという特徴があります。

また、1型糖尿病は、糖尿病患者のうち10人に1人という少ない割合なので、知名度が低いという特徴があります。

アンサングシンデレラで1型糖尿病を題材にしたことに対するTwitterの反応

まとめ

アンサングシンデレラで題材になった1型糖尿病ってどんな病気?2型との違いとは?について紹介しました。

1型糖尿病は、すい臓のインスリンが分泌される機能が、自己免疫の関係で壊れてしまってインスリンの分泌が少ない、または全くでないという病気です。

2型糖尿病は、高カロリー、高脂質、運動不足といった生活習慣が原因で発症する病気です。

知名度が低い1型糖尿病をアンサングシンデレラで扱ったことで、たくさんの人に知ってもらえるきっかけになったんじゃないですかね。

今後のドラマの展開に期待です!

アンサングシンデレラの見逃し配信はこちら
アンサングシンデレラの第1話の子役は誰?他の出演作は?

タイトルとURLをコピーしました