恋はdeepに(恋ぷに)海のロケ地はどこ?星ヶ浜海岸・ゴミ拾いをしていた場所を特定!

アイキャッチ 恋はDeepに

2021年4月14日から始まった『恋はDeepに』(恋ぷに)。

星ヶ浜海岸に建設される巨大マリンリゾートをめぐって、リゾート開発を進める蓮田トラストの御曹司で、三兄弟の次男・倫太郎と、海の生き物を守りたい海洋生物学者の渚海音の恋愛物語。

海にまつわるドラマということで、ドラマの中で海がとても印象的でした。

星ヶ浜海岸のロケ地はどこなのか、ビルと海が見える場所はどこなのか気になります。

そこで、この記事では、ドラマの舞台である星ヶ浜海岸、第1話で海音がゴミ拾いをしていた海が見える場所のロケ地がどこなのかまとめました。

恋はdeepに(恋ぷに)海・星ヶ浜海岸のロケ地はどこ?

『恋はdeepに』第1話で特に印象に残っていたのが、音海が倫太郎に人口呼吸(キス)をした「星ヶ浜海岸」

とてもきれいな海でどこなのか気になりました。

「星ヶ浜海岸」のロケ地は、千葉房総半島にある豊岡海岸

豊岡海水浴場があるので、海で泳ぐこともできる場所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cozy Takahashi(@cozy_official)がシェアした投稿

インスタの口コミでは、「水質調査AAの透き通った綺麗な海」とあるので、泳いでいて気持ちが良いでしょうね。

 

恋はdeepに(恋ぷに)海・海音がゴミ拾いをしていた場所はどこ?

第1話の前半、海音がペットボトルを拾っていた海は、東京の海、豊洲にある「豊洲ぐるり公園」です。

豊洲ぐるり公演は、星ヶ浜海岸のロケ地の豊岡海岸とは違ってレインボーブリッジや都会のビル群が見えて都会的な海です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

白色紅子(@nanabluenyanwanko)がシェアした投稿

豊洲ぐるり公園の場所はこちら
東京都江東区豊洲5丁目-1番先
豊洲駅から徒歩5分の場所にあります。

豊洲ぐるり公園では、イベント、マラソンが行われたり、じゃぶじゃぶ池やバーベキューができる施設もあります。

まとめ

恋はdeepに(恋ぷに)海のロケ地、星ヶ浜海岸・ゴミ拾いをしていた場所を紹介しました。

星ヶ浜海岸のロケ地は、千葉房総半島にある豊岡海岸

海音がゴミ拾いをしていた海が見える場所は、東京の豊洲にある豊洲ぐるり公園です。

どちらの海もとても素敵なので行ってみたいなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました